任意売却後もずっとサポート

私たちは、任意売却を不動産業だとは考えておりません。ご依頼者様が今後の生活をゆとりあるものにするために、売却後何年でも支援を続けてまいります。

債務圧縮

任意売却は家を売って終わりではありません私たちは家を売って終わりというだけの他の不動産業者と違います。不動産の売却後に残った残債をどう処理するかということが重要です。私たちは、任意売却や債務整理が得意な信頼できる弁護士や司法書士と提携しており、分割返済の交渉や債務整理により任意売却後の負担を軽減できるようサポートしております。また、当社からご紹介する弁護士の相談料は無料となっております。

 

⇒3つの債務整理の方法とメリット・デメリット

 

残債返済交渉

通常、任意売却後には売却金額を超える住宅ローン(残債)が残ってしまいます。これを「オーバーローン」と呼びますが、この残った残債を整理せずに放置してしまうと、債権者である債権回収会社から支払いの督促を受けてしまいます。

この残債は一括請求を求められることが多く、場合によっては遅延損害金も求められ、任意売却後も返済に追われ続けることになってしまいます。

この場合に、残された道は返済に追われ続けるか、自己破産するしかなくなってしまいます。

そこで必要となってくるのが、債権者との交渉で分割払いを認めてもらう「分割払いの和解の合意書」を結ぶことです。債権者と、この合意書を交わさないと一括請求されてしまうことになります。

債権者としても、少しでも残債を回収したいと考えてますので、収入や状況に合わせて無理のない範囲で少しづつ返済できる返済条件を認めてくれることが通常です。

残債や収入状況により異なりますが、日常生活にも余裕がないなどの状況であれば

5,000円~30,000円程度の返済で収まることも珍しくありません

他の不動産業者に相談したばっかりに「売却後の残った残債は一括で支払ってください」と言われ、当社にご相談にいらっしゃった方もおられますが、そのような方達も分割の支払いで債権者と合意できております。

私たちにご依頼いただければ、この任意売却後の債権者との交渉もしっかりサポートいたします。

ご依頼者様の生活再建のために返済の負担を軽減できるようしっかりと交渉にあたります。

 

生活再建の支援

住宅ローンにお困りの方の支出を抑えることはもちろんですが、収入を確保することも大事です。当社は任意売却や債務整理による債務圧縮のサポートだけでなく、その後のご依頼者様の収入確保のために生活保護や障害年金など公的補助のアドバイスをして生活再建のサポートをさせていただきます。