任意売却

任意売却で、住宅ローン滞納問題・離婚後離婚前のご自宅売却問題・利益が見込めない収益不動産の問題を一気に解決いたします。

住宅ローン滞納した場合の解決方法

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合に競売による強制売却を避けて、住宅ローンを借りている債務者が自分の意志(任意)でプロの任意売却専門家のサポートを受けて不動産の売却・親子間売買(親族間売買)・リースバックなどの多岐にわたる解決方法を取ることです。

住宅ローンの返済ができなくなったとき、なにもしなければ当然競売になってしまいます。しかし任意売却はさまざまな解決方法があり、強制競売を避けたうえでローン返済問題を解決することができます。

任意売却と競売の違い

金融機関は通常は住宅ローンの返済を完済した時に、抵当権を外してくれます。しかし住宅ローンを滞納しこれ以上返済を待つことができないと銀行が判断した場合は、保証会社に代わりに支払ってもらえるように手続きをとります。手続きがあれば保証会社は、あなたの代わりに銀行に全額弁済いたします。これを法律用語では代位弁済といいます。

ただし、あなたの代わりに返済した保証会社は当然あなたに残債全額を一括で返済しろと請求してきます。基本待ってくれることはなく、返済されなければすぐに抵当権を実行し競売によって貸金債権の回収を図ります。競売の場合には通常の市場価格よりもかなり安く叩き売られてしまいます。通状競売による売却価格がローン残債金額を上回ることはなく、残ってしまったローンの残債は一括で支払いを請求されてしまいます。

任意売却と競売の比較表

比較項目 任意売却 競売
売却価格

【高い】市場価格で売却

市場相場に近い価格で売却できる

市場相場2,200万円→2,000万円で売却など

【安い】業者などが再販目的でするケースも多く市場相場より3~4割安い価格で落札される事が多い

市場相場2,200万円→1,450万円で落札など

プライバシー 自分の意志で売却する為、通常の売却と変わりなく自然にできます。そのため近所に事情を知られずに売却可能です。 多数の業者が訪ねて来たり、近所へ聞き込みされたり、また家の外観や室内写真などが情報誌に掲載されるために近所の人に事情を知られやすい。
残債務 残債は少なくなる 任意売却よりも多く残る
残債務の返済 売却後の残債務については、債権者との交渉により、無理の無い半歳計画を立てることが可能です。無理をして破産する必要はありません。 残債務についての交渉権は無く、一括返済を請求される可能性が高いです。また車やバイク、その他換金できる動産などを次々と押さえられることもあります。
退去の日 協議の上で引越し日を設定できる 引越し日は自由に選べない
引越し費用 債権者との交渉次第では、引越費用を認めてもらえる 立退料が支払われる事は少ない

※上記の表を参考にご自身に最適なサービスをご検討いただければと思います。

任意売却の場合には

強制的に売却する競売とは異なり、任意売却は、私どもが金融機関と交渉して競売ではなくて一般の市場で売却する方法です。通常の不動産の売却と同様に適正な市場価格で売却することができます。販売方法もそれぞれ都合のよい方法を取ることができて、競売と違いご近所に内緒で売却することも可能です。

また売却後の残ってしまった残債も分割での支払い方法の交渉もできて、残債については月々無理のない範囲での返済も可能です。債権者との交渉にもよりますが、新しい引越し先に必要な引越し費用も売却金額の中から控除していただける場合もあります。

当社の場合は引越し費用のお立て替えサポートや、もし債権者から引越し費用がいただけない場合でも、当社が引越し費用を負担する費用負担制度もございます。もちろん新居探しはどんな物件でも仲介手数料は一切かからないようになっております。安心してお任せください!!