任意売却のメリット

任意売却とは債権者が合意のもとで住宅を売ることですが、ローンが支払えなくなった時や自己破産が必要な時に競売より任意売却をすることで金銭面や生活面でのメリットが得られます。

住宅ローンの滞納が続いて差し押さえや立ち退きのリスクがあるならぜひ任意売却についてご検討ください。

任意売却の6つのメリット

任意売却は競売に比べてこのようなメリットがあります。

より高い価格で売却できる

競売は裁判所が行うオークションで、市場価格の7割程度が相場となっています。つまり30%ほどは安くなるということです。
物件を売る場合、
基本的に売却額で残債を賄えないことが多く競売と任意売却では残債に大きな差が出ます

自分だけで購入者を探すことができなくても当社のような任意売却の専門家にお任せいただければできる限り残債を減らせるような取引を実現いたします。

取引の成果によっては自己破産を免れることができます。

手元に引越し代を残せる

競売、任意売却に問わずそれにかかる費用は売却額から支払われます。
しかし競売の場合は引越し費用や最低限の生活費が残らないため任意売却するよりも苦しい状況になるでしょう。

一方で任意売却なら引越し費用を売却額から払うことが可能で、自己破産をした場合でも手元にお金を残せます

引越しをする場合は家賃数ヶ月分の頭金が必要となるため、スムーズな生活再建のためにもぜひとも任意売却を選びたいです。

引越しまで余裕がある

競売の場合はすぐにオークションで買い手を決めてしまいますから引越しまでの余裕がありません。そしてお金の余裕もないケースが多いです。

一方で任意売却なら時間をかけて購入者を探すことができ、引越しまでの時間も交渉できます。さらに、親族間売買や投資家への売却などを用いれば引越しせずに済む場合まであります。

プライバシーに配慮される

任意売却の場合でも立ち入り調査があるものの競売のように競売物件であることが公表されることも、インターネットや新聞で伝わることもありません。

競売となると差し押さえられた=お金に困っている、生活に苦労しているというイメージがついてしまいよくない噂を流されることまであります。

だからこそご近所づきあいを大切にする人は競売を受け入れるのでなく積極的に任意売却を選択することをおすすめ致します。

連帯保証人の負担を減らせる

ローン問題は任意売却をして売却額を弁済すれば終わりではありません。多くの場合が残債をどうするかという新たな問題と直面します。
任意売却で得たお金が少なかった場合や、他にも借金を重ねている場合であれば自己破産せざるを得ないでしょう。

自己破産した場合、債務者本人は債務から解放されるものの連帯保証人が債務者になってしまいます。もし、売却額の低い競売を選んでしまうと自己破産をした時より大きな負担を連帯保証人にかけてしまいます。

任意売却なら残債を減らせるような取引ができ、連帯保証人への負担も抑えることができます。

残債の分割払いが可能


競売を選択した場合は残債を一括で支払うように迫られます。いくら家を手放したとしても債務が数100万から数1000万円残ることが予想されるため、一括支払いを迫られたら自己破産するしかありません。

しかし任意売却を選んだ場合は残債の支払い方法まで交渉できます。支払額も月数1000円から50000円程度と債務者にとって負担の少ない形になります。

ローンを支払えない状況でもより負担を減らせる選択肢を取れば生活を再建しやすくなるでしょう。

任意売却はこんな方におすすめ

任意売却は競売を迫られている人に広くお勧めできます。
ここまでの内容を踏まえて任意売却をすべきケースについてご紹介します。

競売が迫っている

ローンの滞納が続き、いよいよ差し押さえという状況になっているならすぐにでも任意売却の準備を始めましょう。

抵当権を行使されて物件を差し押さえられると競売になり大きな残債が残ってしまいます。

連帯保証人に迷惑をかけたくない

連帯保証人である家族や知り合いが資力を持っているとは限りません。

連帯保証人はいざという時債務を肩代わりする人ですからそれなりの人間関係があります。

できるだけ迷惑をかけないためにも任意売却で残債を減らすことをおすすめ致します。

実家に戻るという選択肢がない

競売で家を手放す場合でも実家に戻れるなら引越し費用などを節約できます。

しかし家を手放して帰る場所がないとなればもう八方ふさがりです

実家に帰れない、実家が既にないという場合は任意売却を選び早急に引越し先を確保しましょう。

周囲に競売の事実を知られたくない

周囲の環境を気にせず遠くに引っ越す予定の人であれば競売の告知がされたところで大丈夫でしょう。

しかし多くの人は世間との関わりがありますから、任意売却を選んで穏便にローンの悩みを解決することをおすすめ致します。

また、ひどい場合は競売の購入希望者が近所の調査をする場合もあるようです。

手遅れになる前にまずはご相談を!

任意売却は残債の金額、引越しまでの余裕、プライバシーの配慮、連帯保証人の負担といった様々な面で競売よりも優れた選択肢です。

差し押さえ間近の状況を放置すれば競売が成立して取り返しがつかなくなってしまいまいます。
手遅れにならない前に当社にご相談ください。